吉野家のうな丼を食べてみた

吉野家のうな丼を食べてみた

吉野家と言えば、牛丼ですが、最近、うな丼が話題になっています。夏のシーズンに合わせて、うな丼を販売しています。

 

実際の口コミや評判が気になるところですが、吉野家のうな丼のうなぎは、シラスから中国の広東省、もしくは福建省で育てられたうなぎを使用しています。

 

水質や餌などに気を遣いながら育てられたうなぎなので、口コミでは、タレや焼きにもこだわっているので、吉野家のうな丼は美味しいと好評です。

 

並盛りが680円、2枚盛が980円、うなぎ皿が580円なので、うなぎの価格としては安いのですが、いつもの吉野家の牛丼に慣れている人にとっては、どうしても高く感じてしまいます。

 

しかし、すき家のうな丼と比べると、並盛りが780円、特うな丼が1180円なので、吉野家の方が安いです。

 

ただ、すき家のうな丼と比較すると、吉野家のうな丼は、ゴムっぽいという声が少なくありません。

 

吉野家のうな丼は、値段的には安いのですが、牛丼に比べると高いので、食べる以上は、マズイのはごめんです。

 

最近は、以前と比べると少しふっくらしていて柔らかい感じはありますが、一枚だけの並盛だと物足りなさは否めません。

 

ちゃんとしたうな丼が食べたいなら、もう少し高いお金を出してでもうなぎ屋さんで食べたほうが良いかもしれません。

 

かに本舗 口コミ